■東京2400mコース図

0188b7a234c6a063d4069ed5971c7e02

スタートから1コーナーまでの距離が350mしかないため内枠が有利となるコース。
1コーナーでごちゃつくと位置取りが後方になりそこで終わってしまう馬もいる。
3コーナーまではペースが落ち着きやすく逃げ馬次第ではG1でもペースが上がらないこともある。
今の東京を考えると外枠に入ってしまい10番手以降の馬となると相当な能力の高さがないと厳しい馬場。
速い馬場に対応できる馬をチョイスしたい。


■過去10年人気別成績データ
43c1d0d9413a9f09f32d481eba6a3e6a

1人気が圧倒的に信頼できる。
1人気の前走ステップ
桜花賞組4-2-0-7、
忘れな賞組1-0-0-1、
フローラS0-0-1-1、

10人気以下は去年のカレンブーケドール1頭のみ。
2人気は頭には来ないが複勝率は高い。
ちなみに2人気に押された馬で桜花賞組以外はチェッキーノのみ(2着)
今年はデゼルが2人気に予想されるがいかに。

■枠順別成績データ
8c6da4c411875a3dc0418ebffc9de810
オークスではやや外枠が優勢となっているがたまたま1人気の強い馬が入っているだけで気にしなくてよさそう。
素直にロスなく回ってこれる内枠優勢と考えて良さそう。
日本ダービーの方が謙虚にデーターで1枠有利と出るがオークスはさほど出ていないが基本的に距離ロスの無い馬が例年上位に来ている。

■脚質別成績データー
c90524c6ff5b1c037c87578486bf980f
牝馬ということでやはりというか差し馬が優勢となっている。
逃げ馬はほぼ壊滅。ただ今年に限っていえば前が残る馬場なので注意は必要だ。
先週も書いた気がするが逃げ先行勢は有力視した方が期待値が高い。
また、芝のレースって逃げ先行は人気になりづらいんですね。
差しの方が鮮やかで派手なので次も狙いってなりやすいんです。


■ディープインパクト天国
a41d13efc5fd8def0dde7c4cbfb04194
こちらは参考まで。

■騎手の乗り替わりはマイナス
同騎手:10-7-9-87
乗り替わり:1-2-1-61

■前走ステップは桜花賞中心
3168e241b1001228eb3dbd2b79318c66


■現時点の短評
やはり中心はデアリングタクトとなりそう。
桜花賞は泥んこ馬場になったがそれでも地力の高さで差し切った。
今回のパンパンの良馬場ならさらにパフォーマンスを上げてきそうで走りが楽しみですね。
またクラヴァシュドールは3コーナーで下がっていく不利があっての差し込みなので、今度は広いコースに変わっての巻き返しに期待できそう。
桜花賞組からはミヤマザクラマルターズディオサなんかも今の前が止まらない馬場は合いそうで面白そうです。2頭とも内枠に入ってロスの無い競馬をしてほしいですね。

新興勢力からは前走圧巻のデゼルですね。
最大の惑星となりこの馬の取捨が馬券の肝となってきそうです。
ディープインパクトですから今の府中は間違いなく合いますし距離延長も問題ないですね。
母に仏2000ギニーを勝った馬とか(マイルだけどね)余計人気になりそうですね💦

フローラSのホウオウピースフルなんかは前走まだ伸びそうな脚を見せていたのでこれにも注目はしておきたいです。





ここまで読んでいただきありがとうございました。
また次回の記事で楽しんでもらえれば嬉しいです。
最後にポチっとお願いします(^^)/

人気ブログランキングへ